【設問のねらい】
豊浦町の津波ハザードマップ作りを通して、災害への備えには自治体と住民が一体となって取り組むことが重要であるとわかる


【解答例】
(1)自然災害による被害を予測し、その被害の範囲を地図にしたもの
(2)実際にそこに住んでいる人の意見から、より実際に役立つ地図を作ることができる。地図作成に参加することにより、住民の災害に対する意識が高まる