NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

悩みごとナビ

nayamigoto navi

 小中高生のよくある悩みに答えます。執筆者は、子どもの心理を研究する北大大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター(札幌)と、電話相談に応じている元教員グループ「北海道子どもセンター」(札幌)の先生方です。取り上げてほしい悩みやテーマをお寄せください。

プリントをなくし、よく叱られる(小4男子)

  ぼくは学校でもらったプリントをなくしたり、提出するのを忘れて、家や学校で叱られることが多いです。机の中もいっぱいで整理できず困ることがあります。どうすればいいでしょうか。

回答者 長谷川敏之さん(北海道子どもセンター研究員)

  学校ではたくさんのプリントが配られ、片づけがめんどうですね。相談内容から考えると、君の机の周りにはいろいろな物が散らばっているのでしょう。いつもそうなって、どうしていいのか分からないのに叱られる…。ますます落ち込みますね。
 対策として《1》教室の机の横の床に邪魔にならない大きさの段ボール箱を用意する《2》クリアファイルを活用する―の2点を勧めます。
 学校では、配られたプリント類は机やカバンの中ではなく、ひとまずその段ボール箱に入れます。机の中は教科書とノートや筆記用具だけにします。道具箱には決まった物だけを入れます。返す本や借りた本はカバンに入れます。そうすると、この時点でのあなたの持ち物は「机の中」「カバンの中」「道具箱」「段ボール箱」に収まります。提出物は朝のうちに先生に渡すことができればいいですね。
 帰りには机の中の物をカバンにしまい、段ボール箱のプリント類や資料もすべて一つのクリアファイルに入れてカバンにしまいます。家に帰ったら、できれば家の人にも見てもらいながら、クリアファイルの中身を、家の人に渡す物と宿題など学習・授業に使う物に分けてください。学校に提出するものや学校で使う物はクリアファイルにしまいカバンに入れましょう。宿題も仕上げたらクリアファイルに入れることを忘れないでください。
 机の横の箱ですが、先生にちょっとお願いしづらいかもしれません。でも担任の先生や家の人に悩みを打ち明け相談してみてください。あなたの悩みを理解してくれるのではないでしょうか。物が片付くとすっきりして学習に集中できます。整理の仕方が身に付きくと、これからずっと(大人になっても)役立ちます。
 何より大切なことは、困ったことは誰かに相談するということです。できないままにせず、正直に相談することで解決できることは多いと思います。

 はせがわ・としゆき 北海道子どもセンター研究員。元小学校長。1957年生まれ。江別市出身。

 質問は過去の相談事例や投稿を基に再構成しています。

ページ上部へ