NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

悩みごとナビ

nayamigoto navi

 小中高生のよくある悩みに答えます。執筆者は、子どもの心理を研究する北大大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター(札幌)と、電話相談に応じている元教員グループ「北海道子どもセンター」(札幌)の先生方です。取り上げてほしい悩みやテーマをお寄せください。

クラス替え1カ月 友達できず(中2女子)

  4月にクラス替えをしました。それまで同じクラスだった人もいなくて、1カ月たつのにいまだに友達ができません。このままではボッチ(独りぼっち)です。どうしたら良いですか?

  「友達」ってできてしまえば何も感じませんが、できるまでって緊張しますよね。
 お互いに理解し合え、困った時やうれしいことがあった時に分かち合える本当の「友達」を求めているなら「時間が解決するよ」とアドバイスします。
 ただ黙っていてもできないです。人は一人では生きていけないので、何か人と一緒に活動していく、その中でできるのです。そういう「友達」は、あなたがこれから歩んでいく人生それぞれのステージ(舞台)ごとに、自然と見つかるものです。
 でも今はまず、一緒に教室を移動したり、教室でちょっとしたおしゃべりをする「友達」が必要ですね。そうなら、まずは優しそうな子や気が合いそうな子のそばに行って、相手のおしゃべりに相づちをうったり、うなずいたりすることから始めると良いと思うよ。きっとあなた以外のクラスメートも少しでも気の合う「友達」を探している時期だから、「私なんて今更入り込むスキなんてない」と思わずに希望を持とう。体育で女子だけの授業の時なんかチャンスかもしれないね。
 人は言葉を交わし合うことからコミュニケーションが始まるよね。その一歩は反応することです。あなたが話したことによほどの悪意がない限り、そばにいる子は反応してくれます。繰り返しになりますが、この時期は、周りの子も実は同じようなことを心配しているのではないかな? だから自然体で一歩一歩進んでいこう。(橋本尚典

 はしもと・ひさのり 北海道子どもセンター研究員。北海道教育大学札幌校非常勤講師。元中学校教員。1956年札幌市生まれ。

 質問は過去の相談事例や投稿を基に再構成しています。

前後の記事を読む

ページ上部へ