4月からの高校生活。ここまでたどりつく道のりは挫折と苦労の連続だった。
 中学の頃、私には部活動の退部と約1年間学校に通えなかった経験がある。その時期は、小さなことが積み重なり、悩み、心身が疲れきっていた。だから当時、欠席日数の関係で高校入試を受けられないと思い込んでいた。
 しかし先生方と相談し、入試を受けられると知り、受験を決意した。それから高校選びが始まった。私には将来、公務員として働くという夢があった。なので、商業を中心に学ぶことができ、資格取得に強い高校を選んだ。
 受験勉強は想像以上に大変だった。参考書とにらめっこする日々。逃げ出したくなるときもあった。けれど、周りのサポートの温かさを肌で感じた。特に、校長先生が校内の受験生に向けて熱いメッセージを発信する「お便り」が心の支えとなり、救われた。
 そして入試を乗り越え、志望校に合格。夢へ一歩近づけた気がした。今まで辛抱強く意志を貫いてきてよかったなと心の底から思っている。