「オリンピックの会場で踊ってみる?」と親に言われ、私は「やってみたい」と答えました。私にはアイヌ民族の血が流れています。アイヌ民族の踊りには興味があり、小学生の頃にはよく踊っていましたが、中学に入ってからは部活が忙しくて踊るのをやめていました。でも、昨年の東京オリンピックがきっかけで、踊りを再開しました。
 マラソン・競歩のスタート前に、さっぽろテレビ塔前の大通公園で5回、いろいろな地域から集まった人たちと踊りました。地域によって歌も踊りも違うのに、みんなが一つになって踊れて感動しました。
 それからは踊る機会も増えて、今まで以上に踊りに興味が湧きました。もっと踊りのことを知りたいと思っています。そのためにも私は札幌大学への進学を考えています。アイヌのことを勉強する「ウレㇱパクラブ」があるからです。苦手な数学を頑張って成績を上げ、進学後には入会していたいと思います。