高校生になって強く実感していることは、睡眠時間が足りていないことである。
 平日は授業を受け、部活をし、JRに乗って、帰宅する頃には午後7時を過ぎている。そこから夕飯を食べ、勉強をして寝るのだが、私はいつも午前6時に起きるので、最低でも午前0時には寝て6時間の睡眠を取りたい。しかし宿題が多い時や、疲れてすぐに行動できない時などは、0時を過ぎることがある。そこで寝不足を少しでもなくすために、学校で寝てもよい時間をつくるべきだと思う。
 例えば、朝のホームルームが始まるまでの時間や昼休みなど、可能な限り睡眠が取れる環境をつくった方が、より授業に集中できるのではないか。実際、遠くから通っている人などで、寝不足で授業が無意味な時間となってしまっている人がいる。
 誰もが授業に集中しやすくするために、学校でも睡眠時間を積極的に取らせる取り組みが必要だと思う。