コロナ禍で大幅な移動や3密が避けられるようになった。さまざまな音楽アーティストはその影響からライブを中止した。私は行くのを楽しみにしていたライブがいくつかあったからショックだったが、それだけではなかった。さまざまなアーティストが無観客ライブを配信してくれた。もちろん生の温度感が伝わらないなどといった欠点もあるが、私にとってはありがたいことがたくさんあった。
 私は地方に住んでいるため移動費が浮くほか、実際に行く勇気が出ないアーティストのライブを家で気軽に見ることができた。このやり方は視聴者だけでなくアーティストにとっても良い点がある。気軽に見て、配信ライブからファンになる人もいるだろう。
 これらの良い点はコロナが終息しても変わらない。コロナ禍で生まれた新たな文化を有観客になっても続けてほしいと思う。