私は小学校高学年になった時から「友達と何かをする」ということが嫌いでした。意見が違う時は友達の方に合わせ、断ることができませんでした。一人になりたい時も何か言われるのではないか不安だったし、謝らなければならなくなることが怖かったのです。つまり、偽りの自分と生活していました。
 中学校に上がってからも学校を休んでいました。自分なりに頑張っていても変わることはない、そんな毎日でした。このままでは本当の自分を出せなくなる。それは嫌だと思い、どうしたら自分の姿を出して友達と一緒に過ごせるか、友達との関係で大事にすることを調べました。
 その中で一番心に残ったのは「できないことはできないと言って、常にケンカするのを恐れない」という言葉でした。たしかに私は何か言われるのを恐れて、自分の意見を出せずにいました。これからはそれを恐れず、意見を出してきちんと話し合っていきたいです。