自分の気持ちを誰かに理解してもらうためには、言葉や表情、行動で相手に示すことが欠かせない。これらは無意識のうちに誰もが当たり前に行っている動作であるが、その中でも言葉で伝えるという動作に私は苦戦している。
 何か用件を伝えるときに、言葉がコンパクトにまとまらず、相手に話の内容がうまく伝わっていないことがある。長々とした表現は、かえって相手を困惑させ、話をややこしくしてしまうのだと実感した。
 そこで私は、相手に話が効果的に伝わるように、ゆっくり、はっきり、要点を頭の中で整理したうえで、他者とコミュニケーションをとることを意識した。
 この意識を持ち続けていると、少しずつだが自分の意見を簡潔に伝えられるようになった。
 これからも意識を持ち続け、相手に伝える努力をしていきたい。