「女の子は、結婚して子どもを産むことが幸せだ」
 この言葉は、私が中学生の時に親戚のおじさんから言われたものです。女性は結婚が一番の幸せであり、家庭を築くことが大切だという話でした。
 私はその時、将来何になりたいか決まってなく、結婚することが幸せなのだと思いました。
 それから3年。高校2年生となった時、進路を考えなくてはいけなくなりました。保育科のある大学へ行き、保育士の資格をとろうと考えています。私は、保育士になった自分を思い浮かべると、とても楽しみで幸せな気持ちになります。
 人の幸せの形はそれぞれ違い、みんながそうしているから幸せとは限らないと思っています。新型コロナウイルスが収束し、親戚で集まった時、おじさんに私の考えた私の幸せを伝えようと思います。