正直、僕は勉強が嫌いで、できることなら何もかもサボって一日中好きなことだけをしていたい。でも、心の内では学ぶことは大切なことだと重々承知している。
 どうにかして勉強を継続できないかと、さまざまなところから情報を集めても「ゲーム感覚でやるのが良い」や「自分で工夫しよう」の一辺倒。それができるなら今頃僕はこんな文章を書いていない。広い世界を見渡せば、同じ心情の人はいるはずだ。
 どう頑張っても、嫌いな物は嫌いだから、いかにしてこの気だるさを軽減させるか課題だった。書くことが面倒、ベッドで横になりたいなどの要素を踏まえ、たどり着いたのが、スマートフォンアプリを通じての勉強だ。しかし、飽き性の僕はものの10分で終わった。
 こんなことを繰り返しているが、勉強というのは避けて通れない道である。そして、この苦難から手に入るものは大きいので、僕と同じ悩みの人は一緒に頑張っていこう。