2011年3月11日に起きた東日本大震災から10年がたった。津波でたくさんの人が亡くなり、生き延びてもつらい思いをしている人は少なくない。私はあの時、仙台に住んでいた。確か小学校で帰りの会をしていた時に地震が起きた。何が何だか分からないまま避難して家に帰った。そんな日から10年がたつのだ。
 けれど正直この記憶を思い出すのは1年に数回程度だ。記憶の風化というものは恐ろしく、今では地震が起きても危機感を覚えることはあまり無くなってしまった。今、地震が起きたら完璧な対応をとれる自信は全く無い。私と同じような人はきっと多いだろう。あの時、スーパーに長時間並んで少しのご飯しか買えなかったことも、やっと電気が使えてテレビを見ても同じCMが流れていた記憶も風化してしまう。
 だからこそ、少しでも記憶を風化させないために、知らない人に知ってもらうために、毎年3月11日は大きくこの話を取り上げるべきだと思う。