新型コロナウイルスがはやる今日、やはり家にいる時間が少し多くなる。そんなある日ふと何年か前の写真、それも人の集まっているイベントなどで撮ったものを見てみるとなにか違和感を覚えるのだ。そう、ほとんどの人がマスクをしていないのである。いやそれが普通なのだが、そう思ってしまう。
 そう思うと同時に、コロナウイルスに対する恐怖のようなものを感じた。体に現れる症状だけでなく、思考にすらも影響を与えてしまうものなのか、と。これはむしろ「異常」なことに気付かせてくれているコロナウイルス唯一の良いところなのかもしれないとも思ったが、マスクを付けることになった原因なのでやっぱりそんなことはない。
 このまま感染が広がり、このような異常であることが普通だと思うことがこれ以上増えないことを、ただ祈るばかりである。