今、学生の皆さんは自分の部屋をもらえていますか。私は中学生になってすぐに、家族に言いたくないことができたり、友達が部屋の自慢をしたりして、とても自分の部屋が欲しくなりました。でも部屋はもらえないので、押し入れに自分の物を持ち込んで部屋を作っていました。その状態で約1年過ごし、やっと自分の部屋がもらえて「これから自分だけの楽しい部屋をつくるぞ」と思い描いていました。
 しかしそんな思いは覆り、学校の教材、洗濯物、日用品などであっという間に埋め尽くされ、約1カ月後には思い描いていた理想の部屋とは全く違うものになりました。
 これではだめだと棚を買い、物を減らして整理整頓をしました。今は最初よりはきれいですが、物は増える一方で理想の部屋は実現できていません。
 部屋をもらうときは計画を立て、その後もたまには自分の部屋を見返してみる。私は失敗から学ぶことができました。