ぼくは、国語の勉強を通して、便利や不便について考えてみました。ぼくはこれまで、お風呂場の段差は水がこぼれなくて便利だと思っていました。でも高れい者にとって、段差はつまずく原因になると知って、はっとしました。
 ある人にとっては便利と思われている物でも立場を変えると、その仕組みのままでは不便だと思います。家のお風呂場に当てはまると思いました。段差を低くして、つまずきにくくすることが大事だと考えました。
 他にも、げんかんにも段差はあります。ぼくの家の段差は少し高いので、つまずきそうになったことがあります。だから、段差をなくすために台を置いたり、おばあちゃんが来たときは支えるなどして、つまずかない工夫をしていきたいです。
 ぼくは、いろいろな人の立場を考えて、便利か不便かを考えていきたいです。