私のおばあちゃんは去年の4月に札幌に越してきた。そのころにはガラケーを使っていたが写真の見方が分からないと言っていた。私や母、伯母に何度も「どうやるんだ」と聞いてきた。
 最近、伯母の勧めにより、おばあちゃんがガラケーからスマホに乗り換えた。今まで押していたボタンが触れるだけに変わった。電話の出方を覚えるのも1週間ほどかかっていた。私たちが、分かりやすいようにとアプリを並べたホーム画面も意味をなしていない。
 私たちが今使いこなしているスマホは年寄りにはとても難しいらしい。同じことを何度も聞かれるとだんだん嫌になってくる。今はスマホで買い物の支払いなどができ、私たちになくてはならないものだが、おばあちゃんには分かりにくく、それほど必要ではないものだ。
 みんな年をとっていく。これからの世の中に必要なものは、老若男女誰もが使いやすいと思えるツールだと私は思う。