私は今高校生で、滝川で下宿生活を送っている。実家は北海道の真ん中にある愛別町(上川管内)だ。人口は少なくても、全員が温かい心を持っていて、会うとお互いにあいさつを交わす、そんな町で私は育った。
 町にはB&G海洋センターというスポーツセンターのような所がある。小中学生のころ、学校が終わると毎日のように友人たちとそこへ行き、遊んでいた。つらいことや苦しいことがあって悩んでいても、そこに行って遊ぶとすべて吹き飛んでいった。時間を忘れるほど夢中になって楽しんでいた。とても思い出深い場所だ。
 高校生になったある日、久しぶりに友人たちと行くと、とても懐かしく感じた。すると管理人の方が「高田君、大きくなったなぁ」と言ってくれた。その一言がすごくうれしかったし、あらためて人の温かさを感じた。私の古里愛別町はやっぱり良い町だし、今まで以上に町が好きになった。