今、世界中で新型コロナウイルスが大流行しています。
 僕はコロナが少しずつ流行しだした時、ふと思いました。これは真の「世界の一体化」につながるのではないかと。コロナという世界共通の敵を倒すべく各国で協力し合えたら、コロナを乗り越えた先に世界が平和な方向に向いてくれればいいなと、僕は思っていました。
 しかし現実はどうでしょうか。現在の世界の2大強国、アメリカと中国はコロナのあれこれをめぐってお互いの足を踏んづけ合い、溝は深まるばかりです。この強大な2国が醜い争いをしていても、日本を含め各国は知らんぷりです。これでは冷戦のような過ちを繰り返しかねないと思います。
 今からでも遅くないと思います。これまでのいざこざを水に流し、世界のすべての国々が平等に手を取り合い、次にコロナのような災害が起きた時、他国のために何かしようと思う国が増えればいいと思います。