新型コロナウイルスのため、入学早々に高校も休校になりました。そのころは友達と直接会って話したり、遊んだりすることもできませんでした。家では勉強やテレビなどやることが少なく退屈した日々でした。
 そんな中、私はひそかな楽しみを見つけました。それは空を見ることです。私は人の少ない朝6時ごろに公園で運動していました。公園に行くまでの道、静かな空の色を見るのが好きです。一面爽やかな空色の日。紫がかった濃い青色の日。白くかすみがかかったぼんやりした日。日ざしや雲の形でも青色は変化します。そんな朝空の下できれいな空気を吸いながら運動するのはとても気持ちの良いことです。
 家にこもってつらい毎日でしたが、ふだん気にも留めていなかった空の美しさに気づくことができ、空のパワーに元気をもらいました。みんな同じ空の下で頑張っているのだと考えると「きょうもまた頑張ろう」という気持ちになりました。