新型コロナウイルスの影響で休校していた学校の授業が始まった。
 私は、休校が始まった時、本音を言うととてもうれしかった。しかし、何週間も何週間も休校が続くととてもつらくなった。無性に、学校に行きたくなった。
 私は「これほど学校に行きたくなるのは、初めてかもしれない」と思った。
 ところが実際に学校が始まると、何となく行きたくないような気持ちがする。それが、もしもまた休校になると、おそらく私は学校に行きたくなると思う。
 無いなら無いでさびしいが、あったらあったで行きたくない。不思議なものだ。
 このように、日常で当たり前だと思っていたことがありがたいことだと、新型コロナは教えてくれた。が、私は早くこの事態が収束してくれることを願っている。