北海道新聞社のまわしよみ新聞出前講座が、市立札幌みなみの杜高等支援学校(札幌市南区)であり、3年生と教諭約60人が興味ある記事で、新聞づくりを楽しんだ=写真=。
 昨年12月10日、当日の道新朝刊を使い、12グループに分かれて行った。竹石孝・道新マーケティングセンター長を進行役に新聞を熟読、模造紙に切り抜きを貼った。東京五輪マラソンの札幌開催関連やインフルエンザ流行の記事を選んだほか、スポーツ記事には「頑張れ」とメッセージを添えた。料理レシピや皇后さま56歳の記事を選んだグループの弓場桃香さんは「うまくいきました。みんなが話し合って協力した結果です」と胸を張った。
 3年生は今春、同校初の卒業生として進学や就職をする。担当の石川大地教諭は「ニュースに興味を持ち、コミュニケーション力を養ってほしい」と話した。(森田一志)