NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

<ほっかいどうサイエンス>2*トキシラズ*春から夏に捕れるサケ

 ようやく春らしいお天気になりました。この時期は「トキシラズ」が主に道内の根室や釧路、日高、胆振などの沿岸や沖で捕れます。
 漢字で書くと「時知らず」。さて、どんな生き物なのでしょう。
 実は、秋になると北海道の川をさかのぼってくるたくさんのサケと、同じ種類なのです。
 サケは川で生まれて海へ出て行き、成長すると生まれた川に戻ってきます。
 道内で捕れる秋サケは、川へ戻る途中に海岸で漁獲され、旬の味としてみなさんの家の食卓に並ぶのです。
 ですから、秋サケの大半は“道産子”です。
 ところで、北海道を代表する魚でもあるサケは、捕れる場所や時期、成長の度合いにより秋サケ、メジカ、ケイジなど違う名前で呼ばれます。
 トキシラズは秋サケと違い、春から夏に捕れるため「時を知らない」という意味でこう呼ぶようになりました。
 北海道付近で捕れるものの、大半は“道産子”ではありません。
 ロシアのアムール川などで生まれて北太平洋を泳ぎ回り、川へ戻る途中の5~7月ごろ、北海道の近くにいるところを漁獲されるのです。
 たっぷりエサを食べている上、まだ卵に栄養を取られていないため、身に脂がのって味は抜群。高級魚として扱われます。
 トキシラズは東北地方でも漁獲され、目が大きいという特徴から「オオメマス」とも呼ばれています。地域によっても違う名前を持つ“旅人”なんです。
(道小学校理科研究会・相高秀彦=札幌市立新川小教諭)

ページ上部へ