NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

<教えて!アドバイザー>渥美清孝さん(釧路市立芦野小教諭)

  実践校に提供される新聞の保管方法などを教えてください。

  新聞と触れ合う機会をつくるため、子どもたちに任せることをお勧めします。小学校中学年以上なら十分にこなせます。まず数人ごとの「新聞係」を決め、提供期間中、ほぼ全員が当たるような仕組みをつくります。次に廊下などに全紙を3日分置ける「閲覧コーナー」を設け、係の子に新聞を並べさせます。実践校であることを広めるため、新聞を手に取ったり、記事を切り抜いたりしても良いことをPRします。切り抜きは教室内に掲示し、「楽しい話。みんなも読んで」といった簡単なコメントも書かせると良いでしょう。教師の関わり次第で、児童たちは自発的に行うようになります。
 新聞は古い順に毎日、1枚ずつ二つ折りにして教室の片隅に積み上げます。これは図工や書道などの際、下敷きとして活用できます。使い終わったら1カ所にまとめて置き、後日リサイクルに回します。また教師はあらかじめ新聞に目を通し、授業で使えそうな記事をカメラで撮影しSDカードに保存しておくと、スクラップの手間が省けます。

ページ上部へ