NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

<四季の実践>8*朝の話題 クラスで発表*朝倉一民(札幌市立屯田北小教諭)

 授業前の朝の5~10分。短時間ですが、新聞記事を通して社会のたくさんの話題に触れる時間になります。どんな記事が出てくるか、毎朝わくわくします。NIE実践の導入として手軽に取り組める「朝のHOTニュース」を紹介します。

 《1》日直が記事を準備
 新聞記事は日直が準備します。日直が1人だと、当番はだいたい月に1度。それほど負担ではありません。自宅で新聞を購読していなくて、当番の日に合わせて祖父の家などから調達してくる子もいます。

新聞記事にはわからない言葉も多々あります。そんな時は辞書を使って調べるように指導します。難しい文章を読むことで語彙(ごい)力や読解力を育てます

 《2》ワークシートに記入
 当番の子は、自分が読んで気になった記事を切り取ってワークシートに貼ります。「シートに貼れるぐらいのサイズ」と伝えておくと、朝の話題に手ごろな記事を準備するようになります。シートには「いつ」「どこで」「何があったか」などを記入し、記事を正確に読む力をつけるようにします。さらに感想も記入することで、自分の考えを表現できるようにします。

 《3》朝の会で発表
 シートを見ながら朝の会で発表します。記事の内容を要約して話してから、感想を伝えます。大切なのは、単なる記事の棒読みにならないようにすることです。前もって記事に目を通し、「簡単にいうと…」という観点で学級の仲間に話すように指導します。
 あまり難しくしないことがポイントです。毎日いろいろな話題があがり、それについてみんなで意見を出し合う…。そんな朝の時間を続けましょう。続ける中で、社会に関する関心が高まっていくのを感じます。

<ひとこと>
 スタート時は、朝の時間や国語の時間などに学級みんなで一つの記事を読み深めることをおすすめします。どのように要約すればよいか、感想にはどのような書き方があるかを学ぶことで、新聞記事の読み方を身に付けることができます。(あさくら・かずひと)

ページ上部へ