NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

悩みごとナビ

nayamigoto navi

 小中高生のよくある悩みに答えます。執筆者は、子どもの心理を研究する北大大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター(札幌)と、電話相談に応じている元教員グループ「北海道子どもセンター」(札幌)の先生方です。取り上げてほしい悩みやテーマをお寄せください。

男が好きな僕(中3男子)

  僕は最近気になっている男の子がいます。気になっているというよりその子のことが好きで、その子のことを考えると勉強も手に付きません。男が好きなこんな僕はおかしいでしょうか? また、その子に告白したらダメでしょうか?

  以下の回答の中に聞いたことのない言葉が出てくるかもしれません。それは自分で調べてみてくださいね。
 さて「男らしさ」「女らしさ」という言葉があり、これをジェンダーとも言います。「男らしさ、女らしさって何だろう?」と考えていくと、疑問がわいてきませんか?
 現代は多様な人がいて、当たり前の社会を築こうとみんなで努力しています。これを共生社会と言います。性別、人種、考え、宗教どれをとってもそれが理由で差別されたり、強制されたりするということはないはずです。社会はいろいろな人によって成り立っているからです。
 だから男が好きな男もいていいですし、男だけど女になりたいという人がいてもそれはその人の問題で、誰からも干渉されるべきものではないことが分かるかと思います。ですから、あなたはおかしくないのです(LGBTQという言葉があります。調べてみてください)。ただし一方的に「君のこと好き」と言っていいわけではありません。相手にも君も含めて自分の好きな人を自分で決める権利があるからです。
 これは「自分さがし」を始めた君にとって大切な問題です。だから一人で抱え切れなくなったら、まずは北海道子どもセンター(平日午後1~5時。(電)0120・603406、携帯電話からは011・733・6606)に連絡をください。
 この問題はまだ社会では理解が始まったばかりです。君のプライバシーと人権を守るためにも、安易に誰にでも話すことは慎んだ方が良いと思います。(橋本尚典=北海道子どもセンター研究員)

 質問は過去の相談事例や投稿を基に再構成しています。

ページ上部へ