NIEニュース
北海道新聞に掲載されたNIE 関連の記事などを紹介します。

悩みごとナビ

nayamigoto navi

 小中高生のよくある悩みに答えます。執筆者は、子どもの心理を研究する北大大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター(札幌)と、電話相談に応じている元教員グループ「北海道子どもセンター」(札幌)の先生方です。取り上げてほしい悩みやテーマをお寄せください。

ラジオ体操 何を評価するの(中3女子)

  私の中学校ではラジオ体操のテストがあります。何を評価しているのかよくわかりません。内申点も気になるのでやらないわけにはいかないのですが、私は軍隊みたいで気持ち悪く感じます。何のためにこのような教育があるのでしょうか。

  学校によっては、かなりきっちりラジオ体操をやる場合がありますね。それ以外にも、よくよく考えればなぜこのようなことをさせるのか、よく分からないことが学校には多くありますね。
 教育学の研究者は、日本の国、文化、教育の歴史を調べてみて、こういった教育の意義・意味を説明している人もいます。興味があれば、そういった研究を調べてみるとよいでしょう。
 私は人の個人の人生や苦難などに寄り添う(ように努力している)臨床心理学者ですので、学校教育の観点からではなく個人の成長という観点からみていきたいと思います。
 私の専門の立場からは、このような疑問は非常に素晴らしく、人生を成功に導く創造的思考・批判的思考の片りんを持ったものです。ぜひ生徒とディスカッションをするのが好きな先生と議論してみてください。先生との対話を通して、自分の思考や感情、先生の立場や思いなどに気付き、理解を深めることになります。
 また子どもの自由と責任、先生や学校の責任、意図にも気づきが得られると思います。
 もし集団行動や運動などが苦手で、その苦痛を感じているようでしたら、その苦手さの感情が、ラジオ体操の無意味感や空虚さを強めているかもしれません。そのような場合は、苦手でも割り切って頑張ってやってみましょう。(岡田智=北大大学院教育学研究院付属子ども発達臨床研究センター准教授)

 質問は過去の相談事例や投稿を基に再構成しています。

ページ上部へ