私はバドミントン部に所属しています。高校では知らない子が多く心配ばかりで、バドミントン部にも入るかどうか悩み、入ることにしました。
 初日は誰ともしゃべることができず、ダメだと思いその夜たくさん悩みました。次の日は、少し行きたくない気持ちがあったのですが、しぶしぶ部活に向かいました。
 その日、勇気を絞って話してみると、たくさんの人と話すことができました。今は何でも打ち解ける仲間に出会い、バドミントンが楽しくて、大好きになっている自分がいます。
 あの時、少しの勇気を出してよかったと、今振り返ってみると思います。そして、今のこの仲間と一緒にたくさんのことを乗り越えて、私たちが目標にしている2部まで上がれるように支え合いながら、まい進していきます。これからも、たくさんの勇気を出し、それが人を助けられることにもつながると思うので、頑張っていきます。