私は、修学旅行で行った岩手県の猊鼻渓(げいびけい)でたくさんの自然に囲まれて、とてもきれいだと感じた。
 家や学校の近くにも、植物がたくさんあり、春になると花が咲き、秋になると葉がたくさん落ちてきてきれいだが、猊鼻渓で見た自然は、それよりもきれいだった。
 見る前から、どんなところなのか調べてみて分かっていたが、実際に見てみると写真とはちがい、水や虫の音が聞こえたり、自然の香りがしたり、水にさわると思っていたより冷たかったりと、見た目だけではない「きれい」があった。私はそれも含めて、最初に見たときにきれいだと感じたのだろう。
 この修学旅行で感じたことのように、写真などで見るだけではなく、実際にその場で分かることもあるのだと思った。