私は言葉の発音が悪く、友達によく、言い間違いをしたように聞こえていました。それで「言葉の教室」に通っていました。教室では、果物のカードなどで発音練習をしていました。だけど、あまりよくなりませんでした。そして、私は人と話をするのが嫌になりました。私は「ちゃんと言葉を発音しているのに」と思っていたから。
 もう一つ苦手なことがありました。自分の意見を相手に言えないことです。言葉の発音が良くないから、「みんなに合わせておけばいい」と思い、自分の意見を伝えることができなくなりました。
 だけど、今は違います。少しずつ自分の意見を伝えるように努力しています。
 そして、言葉の発音ですが、今では(自分の言葉で)みんなを笑顔にできています。苦手だったことが、今では得意なことに変わりました。