誰でも、最初からできる人はいない。ついこの間、部活のバレーボールの練習が終わり、片付けをしている時、先生に呼ばれた。「何か悪いことでもしたかな…」と思いながら、先生の後をついていった。そしたら、先生から「セッターをやってみない?」と言われた。私は、今のポジションが楽しく、やりがいを感じているけど、先生に説得されてやってみることにした。
 そして次の日、さっそくセッターの練習をしてみた。しかし、うまくいくわけもなく、全然練習にならなかった。終わって帰る時、我慢していた涙があふれてきた。誰でも、最初からできないことはわかっているけど、やっぱり悔しかった。車の中で、お母さんから「練習しないとできるわけないでしょ」と言われ、もっと泣いてしまった。もっと練習しないと…と思ったからだ。練習しないとできない。だから、期待に応えられるよう、誰よりも練習しないと、と思う。