人にはそれぞれ長所と短所がある。自分の短所はすぐに思いつくが、長所を聞かれると考えこんでしまう。それがなぜなのか、いろいろなことを考えてみた。
 一つ目は、自分のことが嫌いで、こんな私には良い部分なんて一つもないと、思い込んでいるのではないか。自分でなくても、他人でそう思うこともよくあるだろう。苦手・嫌いな人の悪い所は、すぐに見つけようとする。それを自分で、自分にしているのではないか。
 二つ目は、本当は自分の長所を分かっているけど、周囲の人たちがそれを認めてくれるかが心配で、自分の口からは言えないというケースもあるのではないか。大多数の人はこの理由だと思う。実際に、私の周囲の人たちも、自分の長所は何かを周りの人に聞いている。
 周りの意見を聞くのも大事なことだが、自分の意見を持ち、周囲にそれを伝えられれば、気持ちがいいと思う。