私の苦手なことは泳ぐことだ。小学校、中学校の時には水泳の授業があり、本当につらい思いをした。
 水泳の授業ではいつも一番下手なグループにいた。授業では全てのグループそろってのテストがあり、泳ぐとき全員に見られるのだが、泳げない私にとってはまさに地獄のような時間だった。
 私は基本的にスポーツは得意だった。どのスポーツもある程度こなすことができた。だから、自分の動きを見てほしいと思っていたし、できない人の気持ちが分からなかった。だが水泳だけは違った。どれだけ練習しても泳げなかった。
 私はその水泳の授業で恥ずかしい思いをしてから、できない人をばかにしたりしないようにしている。教えるようにもなった。苦手なことと向き合ったおかげで、人間として成長することができたので、これからもそうしていきたい。