山本志童、中学生。ぼくは小1から野球をしてきました。小さい頃は、うまくなってプロになりたいとか言っていたけど、進級していく度にその夢を諦めました。
 自分はたいして上手でもないし、何より、努力をしなかったのが一番だめでした。そして、そのうち自分は試合に出られなくなり、ずっと、ボールボーイという役割をやっていました。
 しかし、自分はこの役割がとても楽しくて、夢中になってやっていました。その日からずっと、ボールボーイをやり、中学生になってもやりました。自分の中では、野球が下手でも夢中になれる、すばらしい役割だと思いました。このボールボーイという役割のおかげで、ぼくはこれまで、野球を続けられたと思いました。
 何でもいいから、夢中になれる物を探すことが、物事を続けるカギになると思いました。皆さんも見つけてみてください。