僕は、小学生からずっと野球をやっている。野球はチームプレーだ。だから、仲間がいなければできない。野球に出合って得意になったことは、みんなで力を合わせることだ。
 僕は、小学生のころにある一つの試合でそれを学んだ。僕はその試合でミスをした。そのミスで、流れを悪くしてしまった。その瞬間下を向いた。そして負けた。その時の僕は、力を合わせてミスを取り返そうという考えはなかった。試合後、下を向いたことを怒られた。それで僕は気づいた。一人でも目標への気持ちがなければ、それは達成できない。次の試合で、そのことを胸にプレーした。勝てた。その出来事を節目に今までやってきた。だから、ここまでこられた。
 力を合わせること。それは、行事でも日常でもとても大切だ。今思えば、力を合わせることが得意になったことは大きいと思う。これからも、得意なことを増やしたい。