僕は野球が大好きです。小学1年生の冬に少年団に入ったのですが、本当に大好きになったのは、5年生の時です。
 僕はそれまで他の人が自分のプレーをどう見ているかなど、人の目を気にして野球をしていました。でもある日の試合で、エラーしたらどうしようと思うあまり、消極的なプレーをしてフライを落球してしまいました。結局その試合は、僕のエラーで負けてしまいました。
 ミーティングが終わった後、コーチに呼ばれました。「怒られる」と思いびくびくしながら行ったのですが、コーチが言った言葉は「人の目を気にしないで、自分のプレーを思いっきりやればきっとうまくできるぞ」でした。
 それからその言葉を胸に試合に臨むようになりました。そして6年生になった夏に全道優勝ができました。コーチの一言が、僕の野球人生を変えてくれました。