私には小さいころからの夢があります。
 私はぜんそくのため、保育園の頃、何度も入退院を繰り返していました。入院中はひまな時もあったけど、点滴も痛いし、せきも出て、つらい日がほとんどでした。でも、そんな時に支えてくれていたのが、親と看護師さんでした。
 あの時の看護師さんの真剣な瞳と温かい心に憧れた私は、今、一つの夢として、将来、自分も看護師さんになりたいと思っています。
 今、私はその夢をかなえるため、必死で勉強をがんばっています。来年はもう受験生です。志望校に合格できるよう、そして、看護大学まで行けるよう、保育園の頃からの夢のため、最後まで全力で努力します。その夢がかなう日が来るまで、絶対に諦めないと心に決めました。