私は2年以上同じところでアルバイトをしていた。そこの常連のお客さまと、こんなことがあった。
 去年の冬に開かれた氷祭りで、ある屋台を訪れると、その常連の方が開いているものだった。行ってみて初めて気づいたことで、その方は私のことなど知っているはずもなかった。
 けれど、いつもお世話になっている方なのでせめて一言でも、と勇気を出して声をかけてみた。その方は私が店のスタッフだと気づいてくれた。「ぜひ、お待ちしています」など言葉を交わし話が弾んだ。
 すると次の週あたりに、その方が私の働く店舗に来てくださった。その時「いつもの所に行こうとしたんだけど、胡美ちゃんの話を思い出して、来たよ」と言われた。さらに「自分たちのことを覚えてくれていて、すごい」とまでほめてもらえた。
 この言葉がうれしくて、本当にこれからの活力になると思った。