私の得意なことは、お菓子作りです。初めて作ったのは、小学1年生のバレンタイン。祖父母や父に渡すため、母と姉とマドレーヌを作りました。そのときは出来上がるまでの工程や最後の飾り付けが楽しかっただけで、得意だとは思っていませんでした。
 転機が訪れたのは中学1年生のバレンタイン。母の手をほとんど借りず、マフィンを作りました。数日後、食べてくれた友達に感想を聞いてみたら、みんな笑顔で「おいしかった」と言ってくれました。それがとてもうれしくて、私をお菓子作りのとりこにしました。
 その後、時間があれば自分で材料をそろえて作ってみたり、次回は何を作ろうかと考えたりして、ただお菓子作りが好きなのではなく、得意だと思うようになっていきました。これからも得意のお菓子作りで、たくさんの人を笑顔にしていきたいと思います。