私が一番大切にしているものは家族です。看護科のある高校に入りたくて、私は家族と離れ寮に入って生活しています。中学3年で志望校を決める時、母と意見が食い違いたくさんもめました。あの時の私は、どうして母が私の考えを受け入れてくれないのか分からず、自分の気持ちしか考えられていませんでした。今思えば、母は私のことを本当に心配してくれていたのだと思います。
 家から離れて生活するようになり、家族のことを前よりずっと大切に思えるようになりました。そして、私が今までどれだけ周りの大人や友人に支えられていたのかがよくわかるようになりました。ここに来て、私は少し成長できたような気がします。
 長期休みになると、寮は閉じます。そうすると、私達寮生は自分の家に帰ります。「いつもありがとう。これからもよろしくね」と日頃の感謝の気持ちを伝えたいです。