友達とはなんだろう。誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。「一緒に話す人」「どんなときでも助けあえる人」「側にいてくれる人」。友達というと、そんな言葉が浮かんでくると思います。でも、それは単なるきれい事だと思います。「友達だ」、なんて言葉じゃなんとでも言えます。だからこそ、本当の友達というのは難しいものだと思います。
 私は小学生の頃、悪口を言われたり仲間はずれにあったことがありました。先生に相談しても、それは弱まることはありませんでした。そんな時に、ある友達が私の味方になってくれたのです。私は「独りじゃないんだ」と、とてもうれしくなったことを、今でも思い出します。
 友達というのは、たくさんいるから良いというわけではありません。たとえ1人しかいなくても、その1人が自分にとって信頼できる大切な人であれば、自分は幸せ者だと思います。