私は高校に入学し、吹奏楽部に入部しました。吹奏楽部は本当に楽しくて、高校生活では部活動に一番力を入れています。
 吹奏楽部に入部してから、私は相手の目線で考えることができるようになりました。音楽は、演奏することも楽しいけれど、聴いている人を楽しませることも重要なので、観客目線ではどんな風に聞こえるかを考えて演奏することが大切になってきます。そうして演奏しているうちに、部活以外の場でも相手のことを多く考えるようになりました。
 私は中学生の時、人との関わりがとても苦手でした。しかし、吹奏楽部に入部してからは、人との関わり方もとても良いと感じています。それは、今まで関わりのなかった世界に触れ、新しいことを学ぶことができたからだと感じています。
 私はこれからも新しいことにたくさん挑戦し、たくさん学んで、それらをいろいろなことに役立てていこうと思います。