私には感謝を伝えたい人がいる。それはバスケの楽しさを教えてくれたミニバスケットボールクラブのコーチだ。
 バスケを始めた時から、丁寧に指導をしてくれて、できるようになると、これでもかというほど褒めてくれる。すぐにバスケが好きになった。全道大会での引退試合の後、落ち込んでいた私に、「ここまで来られたのは君のおかげだ」と励ましてくれた。このチームでバスケができて幸せだと心から思えた瞬間だ。
 中学生になり、バスケ部に所属したが、うまくいかずにバスケがつらくなることがあった。そんな時、運良く、試合会場であのコーチに会えた。彼は私にこんな言葉をかけてくれた。「私はずっと君のファンだよ」。この言葉は私の心を支え続け、「バスケを頑張ろう、楽しもう」と何十倍も思わせてくれる、かけがえのないものとなっている。コーチ、いつも応援してくれてありがとう。