自分には得意なことがない。そう考える人がたくさんいると思う。私もその中の一人だった。しかし、私は小さい頃から習ってきたピアノ教室をやめるときに気づいた。自分にとってピアノはかけがえのないもので、唯一、自信を持って「得意です」と言えることだということに。
 私は小学校の頃からクラスの合唱の伴奏をしていた。友達、先生は私のピアノをほめてくれた。それが私はとてもうれしかった。みんなのために弾きたい、絶対成功させたいと心から強く思った。その気持ちは今でも変わることはなく、積極的に伴奏を担当している。
 今、自分に自信がない、取りえがないと思っている人に伝えたい。得意なことは必ず誰にでもあると。それに気づくまで待ってみるのもいいのではないかと。