中2の頃、自分からクラスの女子に声をかけるのが怖かった。私は、どう思われているんだろうって考えてしまって。だから一人に慣れていた。
 私は友達なんて、すぐに裏切るものだと思っていた。一緒にいても「迷惑かな」とか「嫌がられていないかな」とか考えていた。どこかで疑っていて信じられなかった。
 でも、それは違った。私は一人じゃなかった。一人じゃどうしようもないつらさに出合ったとき、友達に聞いてほしいと思った。そのときは「負担になっちゃうかな」と思いながら話した。そしたら、すごく気持ちが軽くなった。このとき、友達の大切さを強く知った。
 どんな人でも、一人では生きていけない。だから友達に頼るべきだし、弱さを見せてもいいと思う。自分が心を許せる人なら誰でも。「友達」は私にとって、とても大切な存在だと気づいた。