私には「友達」という言葉がよくわからない。どこまでが友達で、どこからが他人かわからないからだ。気軽に話せる人は友達? クラスの中で話さない人は他人? そんなことばかり考えていると気が遠くなる。みんな簡単に「友達」と言う。もちろん私もその一人かもしれない。
 私がここで言いたいのは、口だけの友達と、心から思っている友達の違いだ。気軽に話せて心から楽しく思えているのと、気軽に話せるけど楽しくないのとでは、大違いだと私は思う。口だけで友達と言っている人と友達になりたい人などいない。むしろ、そんな人と友達だと思って過ごしていたら裏切られた気持ちになる。
 言葉と気持ちの見極め、他人への思いやり。当たり前かもしれないけれど大切なことだと改めて思った。生涯で出会える本当の友達はきっと少ない。だからこそ自他にとって真の友達といる時間は大切だ。