「一年生になったら ともだち100人できるかな」。みなさんはこの詩を知っていますか。これは有名な歌「一年生になったら」の歌詞で、まどみちおさんが書いた詩です。
 私は同級生がいません。1、2年の時は4人、今の学校に転校した3年生からは1人になりました。その後、4年間1人です。最初は悲しかったです。特に、授業でも生活でも話し合いや相談ができないからです。
 でも、今は悲しいと思うことはあまりないです。1人の良さもあります。教室は広々と使えます。あと、私に合わせて勉強が進みます。また、いろいろな経験ができます。例えば、今は児童会長をしています。学級では毎日が当番です。とても良い経験です。
 友達は100人いないけど、信頼できる上級生や下級生の友達はいます。これからもいろいろな経験をして、信頼できる友達といっしょにがんばっていきます。