私は、それほど友達が多いわけではない。けれど、高校に入ってから広く浅い友達関係より、狭く深い関係の大切さに気づくことができた。
 私のある友達は、私にとっては一番の友達だった。けれど彼女には私以上に親しく、特別な存在の友達がいた。私は正直、すごく悔しかった。どうやっても私はその子にはなれないわけで、最終的に優先されるのは私ではなくその子だ。こんな醜い感情をいだくなんて、私はなんて心が狭いやつなんだろう。ずっとこんなことを考えながら中学生活を送っていた。
 そんなときに、転機が訪れた。久しぶりに、その親しい友達と話す機会があって長時間、相談話や世間話などたくさんした。そのときに、「こういう話は涼花としかできないんだ」と告げられた。私は、誰かの一番になんてならなくても良い。大切な存在になれたならそれでいいと思った。