私にとって友だちは「宝物」だと思う。私は小学生のときに転校を経験して、友だちの大切さについて知ることができた。
 転校前は毎日友だちに会うのが楽しみで、学校が大好きだった。でも転校後、友だちがいなかった私にはつまらない日々だった。友だちがいないだけで、こんなに学校に行きたくないと思うのは初めてだった。そのとき、私にとって友だちは「宝物」だと気付かされた。
 そして私はその学校で友だちができた。すごくうれしかった。その日から学校に行くのが毎日楽しみになった。
 一緒に笑ったり、泣いたり、ケンカしたりする相手がいるからこそ、人は前に向かって進んでいけるのだと思う。だから私にとって友だちは「宝物」である。