手が寒さでかじかんでいる。そろばんバッグを片手に、教室の前で立ち尽くしていた。私は覚悟を決め、教室に入る。そこには、そろばんをはじく生徒たちの姿があった。私も今日からまた、この生徒たちの仲間入り。この生徒たちと一緒に、もう一度全国と全道を目指していく。
 けれど、私には1年と7カ月のブランクがある。全国や全道なんてむちゃだ。だが、そんなむちゃなことをする私を応援してくれる人がいる。部活の仲間、先生、友達、両親。たくさんの人の支えを胸に、もう一度全国を、全道を目指した。
 全道大会。「用意して、始め」。審判長の甲高い声が会場内に響き渡る。胸の鼓動が高鳴っていく。だが、私には目の前に現れた数字しか見えない。今、勝負が始まる。