皆さんは自分の名前が嫌だな、と思ったことがあるだろうか。私は小学2年生くらいの頃、そう感じた。特にみんなの名前が漢字なのに、自分はひらがななのが嫌だった。「自分も漢字だったら」、そう思った。
 そして、もうひとつ嫌だったのが、日常でたくさん出てくる、「こころ」という文字。あたり前だけど、みんなまだ幼くて、歌詞とかに出てくると、みんないっせいに自分の方を見るのが嫌だった。今なら、「別にどうでもいいや」と流せるが、目立つのが嫌いな私は、それがとても嫌だった。
 家に帰り、母に「どうして、ひらがなで『こころ』っていう名前なの?」と聞いた。すると、母は「心の優しい子になってほしいから。そして、ひらがなの方が女の子らしいでしょ」と言った。その日初めて、自分の名前に意味があったと知った。そして、自分の名前がとても好きになれた。